在宅医療のはなし

『在宅医療』と聞いてどんなイメージが浮かびますか?
病気や障がいがあっても、自宅での生活を続けていくために必要な医療や介護への不安やサービスについて、ご近所の方やお友達と一緒に考えてみませんか。

通院が難しくなった時はどうしたらいいの?いざという時に支援してくれるのはどんな職種の人なの?どんな医療が家でも受けられるの?
船橋市在宅医療支援拠点ふなぽーとから看護師やソーシャルワーカーといった医療や介護のコーディネーターがみなさんのところへお伺いします!一緒に考えてみませんか?
通院が難しくなった時はどうしたらいいの?いざという時に支援してくれるのはどんな職種の人なの?どんな医療が家でも受けられるの?
船橋市在宅医療支援拠点ふなぽーとから看護師やソーシャルワーカーといった医療や介護のコーディネーターがみなさんのところへお伺いします!一緒に考えてみませんか?

10人程度のグループで場所を決めてお申込みください。開催日時、所要時間、内容についてはご相談が可能です。
興味のある方はお気軽にお問合せください。
※まちづくり出前講座(担当:船橋市生涯学習推進本部)でのお申し込みも可能です。

在宅医療のはなしのリーフレットはこちら

市民公開講座

「在宅医療とは実際にどのようなものなのか」「老後や最期を自宅で迎えるための備え」など、”住み慣れた地域で安心して暮らすこと”を考えていただくための講座を年1回開催します。

第2回は2018年2月に開催予定です。詳細が決まり次第お知らせいたします。

第1回市民公開講座「地域のみんなで考える在宅療養」 2017年2月25日(土)開催 さくさべ坂通り診療所の大岩孝司医師に「がんになっても最後まで家にいるために必要なこと」をテーマに、ご講演をいただきました。
ふなぽーとからも、開設から現在までの取り組みについてご紹介させていただきました。

当日の様子は以下のページでもご覧いただけます。
http://www.city.funabashi.lg.jp/kenkou/iryou/001/03/p039601.html

第2回船橋市在宅医療支援拠点ふなぽーと市民公開講座開催のお知らせ

第2回は前回と同様のテーマで2018年2月24日(土)に開催予定です。概要はちらしの通りですが、基調講演に東京大学大学院医学系研究科医療安全管理学講座特任助教で看護師の水木麻衣子氏をお招きする他、横洲かおる氏とピアノ伴奏者の高知尾純氏によるミニ音楽会も行います。そしてふなぽーとの取り組みと題した講演もさせていただきます。前回と会場が異なりますがぜひご参加下さい。

市民公開講座_ちらし